指定管理について

一般社団法人 カダーレ文化芸術振興会が、指定管理団体として2016年4月1日より由利本荘市文化交流館カダーレの管理運営を行っております。

【(一社)カダーレ文化芸術振興会の特徴】

・カダーレの運営のために設立された、公益性の高い組織

法人の設置目的を「カダーレを中心とした市民参画の推進と市民文化及び芸術文化の振興を図り、地域社会の活性化に寄与すること」とし、法人の形態を利益の再分配ができない一般社団法人という組織形態にすることで、非営利、公益性、という観点に立ち経済性に重きを置かない地元密着型の運営を行います。

・カダーレの運営方針づくりから作り上げてきたメンバーによる組織

当法人の設立時社員はすべて、カダーレの開設準備段階からこれまでカダーレに主体的に関わってきたメンバーで構成されています。

管理運営検討懇談会から市民ワーキンググループ、自主事業実行委員会へと関わり続けた市民を中心とし、開設準備段階から市民とともにカダーレを作り、開館から2年半舞台管理を行った劇場コンサルタントのシアターワークショップも参加しています。

・近隣出身者による地元町内・商店街との連携

当法人にはカダーレの近隣に在住、在勤する役員がおり、長年地元町内・商店街でも活動しているため、地元と連携し、カダーレが中心市街地の活性化にさらに貢献することも可能です。

・市内各地に在住・在勤するメンバーによる市内広域のネットワーク・声の反映

由利本荘市内広域にわたってメンバーが在住・在勤している点を活かし、カダーレから離れた地域のネットワークや声を反映し、由利本荘市の広域性に配慮した運営を行います。

・各々が培ってきた多方面にわたるコネクションの活用

当法人の役員は、多様な職種において経営者・役員等を務め、また地域の活動、文化活動にも長年従事していることから、文化芸術関係はもちろん、市内外に様々なつながりを持っております。このコネクションを、自主事業の企画、維持管理等の委託先選定や協力者探しなどに活かします。