由利本荘市文化交流館カダーレ

Yurihonjo City Cultural Center KADARE

新型コロナウイルス感染拡大予防のための取り組み

  • ホーム
  • 新型コロナウイルス感染拡大予防のための取り組み


由利本荘市文化交流館「カダーレ」では、
新型コロナウイルス感染拡大予防
のため、次のとおり取り組んでおります。

ご利用者様のご協力
よろしくお願いします。 

由利本荘市文化交流館「カダーレ」における
新型コロナウイルス感染拡大予防のための取り組み

「カダーレ」では、全国公立文化施設協会より示されている「劇場、音楽堂等における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」(令和4年9月20日付改定)に基づき次のとおり取り組んでいます。

1.「三つの密」の回避に努めています

換気の状況により密閉空間になりえる「密閉空間」の発生防止

多くの人が密集する場合がある「密集場所」の発生防止

近距離での長時間の会話や大声での発声が行われる場合がある「密接場面」の発生防止

2.公演主催者と協力・連携し基本的な感染防止策を講じています

  ・必要回数のワクチン接種の推奨

  ・施設内でのマスクの着用

  ・手指の消毒や手洗いの励行

  ・大声を出さないこと及び咳エチケットの励行

  ・相互の社会的距離の確保

  ・常時換気の徹底

  ・飲食用に感染防止策を行ったエリア以外での飲食の制限

  ・地域の通知サービスの登録、利用者のQRコード読み取り等の推奨

  ・検温を励行し、平熱と比べて高い発熱がある場合及び陽性者との濃厚接触、並びに下記の症状等に該当する場合の来館自粛

   *咳、喉の痛み、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・嗅覚障害等

3.施設内で感染防止策を講じ、広報・周知を図っています

  ① 接触感染防止策

・施設の共用部分に手指消毒液を設置し、不足が生じないよう点検しています。

・不特定多数が触れやすい場所は、利用の入替えごとなど適宜消毒しています。

  ② 飛沫感染防止策

  ・マスク着用を掲示で周知し、着用を促しています。

  ・マスクの着用が困難な来館者には、差別が生じないよう十分に配慮します。

  ・一定の間隔を空けた整列を促しています。

・対面で接する窓口には、アクリル板の間仕切りを設置しています。

  ③ エアロゾル(マイクロ飛沫)感染防止策

  ・空気調和設備の定期的点検を行い、可能な限りの換気量を確保しています。

  ・必要に応じて、扉の開放等により自然換気を図っています。

4.公演等の主催者と事前に協議を行い、感染防止策について協力を求めています

客席配席や収容率

 ・指定席にするなどして主催者が客席状況を管理整できるよう要請しています。

 ・大声での歓声、声援、唱和等がない公演は、必要な感染防止対策を講じた上で、収容

定員までの配席数を可能としています。

 ・上記以外の公演は、必要な感染防止策を総合的に講じた上で、国等の対応指針に従う

よう要請しています。

 ・高齢者が多数来場すると見込まれる公演は、より慎重な対応をお願いしています。

 ・舞台上の発声を伴う出演者から客席の最前列までは、一定の距離を確保するよう要請

しています。

② 公演関係者への協力依頼

 ・感染リスクが高まる演出は控え、公演形態に応じた感染防止策を求めています。

 ・施設内では原則マスクを着用し、公演前後の手指消毒をお願いしています。

 ・楽屋、控室等で不特定多数が触れやすい場所は、必要に応じて消毒し、必要な箇所に

手指消液の設置をお願いしています。

 ・楽屋等では密にならないよう利用人数の調整と換気の励行をお願いしています。

 ・舞台袖、舞台裏、楽屋など狭いスペースでの待機時や、洗面スペース、飲食周り等

マスクを外しての利用に際しては、利用人数の制限や会話抑制をお願いしています。

・チケットもぎりや物販関係者には、適宜手指消毒をお願いしています。

・公演後の面会等、公演関係者と来場者の接触は控えるようにお願いしています。

 ・練習や仕込み、撤去においても、十分な感染防止策を講じるようお願いしています。

③ 来場者への感染防止策

 ・会場入場時に来場者の検温等の対策をお願いしています。

 ・来場を控えてもらうケースの事前周知や、チケット代金の払戻等の諸条件について、

事前の告知をお願いしています。

・要配慮者、障がい者、高齢者等については事前に対応策の検討をお願いしています。

・会場出入口等の必要箇所に手指消毒液の設置をお願いしています。

・チラシ、パンフレット、アンケート等は、来場者が自ら取得するか、手渡しの場合は

係員の適宜手指消毒をお願いしています。

・来場者と接する窓口等では、換気に注意し、間仕切り等の設置を推奨しています。

・来場者の案内誘導時には、時間差での入退場や導線の分散等による一定距離の確保

と、余裕ある時間の設定をお願いしています。

・会場内でのマスク着用を促し、未着用者への配布や販売などをお願いしています。

 ・大声を出す人がいた場合、注意や退場を求める等の措置をお願いしています。

・休憩時ロビー等での近距離対面での長時間の会話や滞留の抑制をお願いしています。

・公演後の出待ちや面会等は控えるようにお願いしています。

5.感染拡大への防止策

 ・来場者が体調不良を訴えた際には、救護室や対応する際の不織布マスク、手袋等

の備品を準備しています。

・感染者が発生した場合は、速やかな報告と対応協議を公演主催者に要請しています。

また、速やかに保健所等と連携を図れるよう連絡体制を整え、聞き取りや必要な情報

の提供に協力することにしています。

・感染者等の情報は要配慮個人情報となるため、取扱いに十分注意します。

 

令和4年10月